電話もオフィスも任せて安心・bonzコミュニケーション

COLUMN

電話応対スキル向上のための実践テクニック

電話応対は、ビジネスにおける最初の印象を形成する重要な要素です。この記事では、電話応対のスキルを高め、プロフェッショナルな対応を実現するための具体的なテクニックとマナーを、実例を交えて詳しく解説します。顧客満足度の向上から、ビジネスチャンスの創出まで、電話応対の質がビジネス成功の鍵となる理由を探ります。

AirCall24では、さまざまな業種の電話に対応できるプロのオペレーターが、24時間/365日貴社に代わり電話に対応します。サービス内容や料金プランを知りたい方は、サービスの紹介資料もあわせてチェックしてみてください。

サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

電話応対の重要性とは?

電話応対は、顧客やビジネスパートナーとの最初の接点となることが多く、その質は企業のイメージを大きく左右します。適切な応対は、相手に安心感を与え、信頼関係の構築に不可欠です。特に新規顧客に対しては、電話応対がその後のビジネス関係の基盤を築くため、丁寧かつ効果的なコミュニケーションが求められます。

ビジネスシーンにおける電話応対の役割

電話応対は、情報の伝達、問い合わせ対応、ビジネスの機会創出など、多岐にわたるビジネスシーンで重要な役割を果たします。迅速かつ丁寧な対応は、企業のプロフェッショナリズムを象徴し、顧客満足度を高める要素となります。例えば、迅速な問い合わせ対応は顧客の不安を解消し、長期的な顧客関係の構築に寄与します。また、クレーム対応においても、適切な電話応対は問題の迅速な解決に繋がり、顧客の信頼を回復する機会となります。

電話応対スキルがもたらす影響

優れた電話応対スキルは、顧客からの信頼獲得、ビジネスチャンスの拡大、企業イメージの向上に直結します。例えば、顧客からの問い合わせに対して迅速かつ的確に対応することで、顧客の満足度を高め、リピート率の向上に貢献します。また、電話応対の際の親しみやすさや専門知識の展示は、新規顧客の獲得にも繋がります。逆に、不適切な応対は顧客の不満を招き、企業の評判を損なう原因ともなり得るため、スタッフ全員が高いレベルの電話応対スキルを身につけることが重要です。

基本的な電話応対マナー

電話応対の基本は、礼儀正しさと明確なコミュニケーションです。電話を受ける際は、まずは自社名と自分の名前を明確に名乗り、相手に安心感を与えます。話し方は、はっきりとした口調で、丁寧な言葉遣いを心がけることが重要です。また、相手の話を遮らず、一つ一つの質問や要望に対して、丁寧に応答することが求められます。例えば、顧客からの問い合わせに対しては、「お問い合わせいただきありがとうございます。」と感謝の意を示し、その後具体的な対応を行うことが効果的です。

「会社の代表」としての心構え

電話応対を行う際には、自分が会社の代表であるという意識を持つことが重要です。電話一本で会社のイメージが左右されることを意識し、常にプロフェッショナルな態度を保つ必要があります。例えば、顧客からのクレームに対応する際も、冷静かつ丁寧に対応することで、企業の信頼性を高めることができます。また、相手の話を注意深く聞き、適切なアドバイスや解決策を提供することで、顧客との良好な関係を築くことが可能です。

電話の受け方:正しい敬語と敬称の使用

電話応対において、正しい敬語と敬称の使用は非常に重要です。相手に敬意を表し、尊重する姿勢を示すために、敬語は正確に使う必要があります。例えば、相手の名前を呼ぶ際には「様」や「先生」などの敬称を付け、相手を尊重する態度を示します。また、話す際には「いらっしゃいますか?」や「お待ちしております」など、丁寧な表現を用いることが望ましいです。これにより、相手に対する敬意が伝わり、良好なコミュニケーションが築けます。

年間約50万コールに対応している弊社が、電話対応時の正しい言葉使いについてまとめました。普段使っているフレーズは正しいのか知りたい方はこちらの資料もあわせてチェックしてみてください。

電話対応時の正しい言葉の使い方 無料ダウンロードはこちら

電話のかけ方と初期対応

電話をかける際には、まず自分の名前と所属を明確に伝え、相手に安心感を与えることが大切です。例えば、「〇〇株式会社の〇〇と申します。」と自己紹介をし、その後用件を伝えます。初期対応では、相手の時間を尊重し、簡潔に目的を伝えることが重要です。また、相手が忙しい場合は、後で改めて連絡することを申し出るなど、柔軟な対応が求められます。これにより、相手に対する配慮が伝わり、スムーズなコミュニケーションが可能となります。

クリアなコミュニケーションのために

電話応対においてクリアなコミュニケーションは不可欠です。これには、明瞭な発音と適切なスピードで話すことが含まれます。特に、重要な情報を伝える際には、ゆっくりとはっきりと話し、必要に応じて繰り返しを行うことが効果的です。また、相手の話を聞く際には、適宜「はい」「分かりました」といった相槌を入れることで、相手に自分が理解していることを示し、安心感を与えます。

受話器の取り方と応答のタイミング

受話器を取る際のタイミングと方法も、プロフェッショナルな電話応対には重要です。電話が鳴り始めてから3回以内には応答することが望ましいとされています。受話器を取る際には、落ち着いた声で「〇〇株式会社です、△△がお伺いします」と自己紹介を行い、相手が話し始めるのを待ちます。これにより、相手に対して敬意を表し、スムーズな会話の開始を促します。

電話応対の実践テクニック

実践的な電話応対テクニックとして、相手の話をメモすることが挙げられます。これにより、重要な情報を見逃さず、後の対応に活かすことができます。また、相手の話が終わった後には、要点を簡潔にまとめて確認することで、誤解を防ぎます。例えば、「ご注文の商品は〇〇で、お届け日は△△日でよろしいでしょうか?」といった形で確認を行うことが効果的です。

相手の名乗りや用件の復唱

電話応対で相手の名乗りや用件を復唱することは、相手に対する敬意と確認の意を示す重要な行為です。例えば、相手が名乗った後に「○○様、よろしくお願いいたします」と返すことで、相手を尊重していることを伝えます。また、用件を「つまり、○○ということでよろしいですね?」と復唱することで、誤解を防ぎ、効率的なコミュニケーションを促進します。

電話を取り次ぐ際の注意点

電話を他の人に取り次ぐ際には、まず相手の了承を得ることが重要です。例えば、「少々お待ちいただけますか?○○様にお繋ぎします」と伝えることで、相手に安心感を与えます。また、取り次ぐ前に相手の名前や用件を確認し、取り次ぐ相手にその情報を伝えることで、スムーズなコミュニケーションが可能になります。

年間約50万コールに対応している弊社が、お客様によい印象を与えているオペレーターの特徴をまとめました。どのようなスキルを身に付ければ良いのかもまとめているのであわせてチェックしてみてください。

電話対応が上手い人の特徴をまとめた資料の無料ダウンロードはこちら

不在時の対応と伝言の取り方

相手が不在の場合、丁寧にその旨を伝え、必要に応じて伝言を受け取ります。伝言を取る際は、相手の名前、連絡先、用件を明確にメモし、伝えるべき人に正確に伝達することが大切です。これにより、相手からの信頼を得ることができます。

伝言メモの効果的な取り方

伝言メモを取る際には、情報の正確性と明確性が重要です。伝言を受け取る際には、相手の名前、連絡先、用件、そして伝言を受け取った日時を記録することが重要です。これにより、伝言を受け取った際の状況を正確に伝えることができます。また、伝言を受け取る際には、相手の話を遮らず、最後まで聞くことが大切です。これにより、相手の要望を正確に理解し、適切に対応することができます。

不在時の対応方法

担当者が不在の場合の対応も、電話応対の重要な部分です。この場合、まずは担当者の不在を丁寧に伝え、必要に応じて伝言を受け取ります。伝言を受け取る際には、相手の名前、連絡先、用件を明確にメモし、後で担当者に伝えることが重要です。例えば、「申し訳ございませんが、現在山田様の担当者は席を外しております。何か伝言を承りましょうか?」と尋ねることで、効果的な伝言の受け取りが可能になります。

難しい状況への対処法

電話応対において難しい状況に直面した場合、冷静さを保ち、適切に対処することが重要です。例えば、相手が怒っている場合には、まずは落ち着いて相手の話を聞き、理解を示すことが大切です。その上で、問題の解決に向けて具体的な提案を行うことが効果的です。また、自分では解決できない場合には、適切な担当者に迅速に取り次ぐことも重要です。

聞き取りにくい場合の適切な対応

電話で相手の話が聞き取りにくい場合は、丁寧に再確認を行います。例えば、「申し訳ありませんが、お電話が遠いようなので、もう一度お話しいただけますか?」と尋ねることで、誤解を防ぎます。また、必要に応じて、相手にメールやファックスで情報を送ってもらうよう依頼することも有効です。

緊急時の応対方法

緊急時の電話応対では、迅速かつ冷静な対応が求められます。まずは、相手の話を落ち着いて聞き、緊急の内容を正確に把握することが重要です。その後、必要に応じて速やかに上司や関連部署に情報を伝え、適切な対応を取るようにします。例えば、緊急の顧客対応が必要な場合は、「ただちに担当者に伝え、迅速に対応いたします」と伝えることで、相手に安心感を与えることができます。

伝言を残す際のポイント

伝言を残す際には、伝えるべき情報を明確かつ簡潔にすることが重要です。伝言には、相手の名前、連絡先、用件の概要、そして伝言を残した日時を含めることが望ましいです。また、伝言を残す際には、「山田様より、明日の会議についての確認事項がございます。ご連絡をお待ちしております」といった具体的な内容を伝えることで、受け取る側が伝言の意図を正確に理解できるようにします。

伝言の正確性と明確性

伝言を取る際は、その正確性と明確性が非常に重要です。伝言を受けた際には、相手の名前、連絡先、伝えたい内容、そして連絡を受けた日時を正確にメモすることが必要です。例えば、「鈴木様より、プロジェクトの進捗に関する重要な更新があります。至急ご確認ください」といった具体的な情報を記録し、伝達することで、情報の齟齬を防ぎます。

伝言の伝達方法

伝言を伝達する際には、その方法も重要です。伝言を受けたら、できるだけ早く関係者に伝えることが求められます。伝達する際には、伝言の内容をそのまま伝えることが重要で、必要に応じてメールやメモでの伝達を選択することも有効です。例えば、重要な会議の変更に関する伝言の場合、メールで詳細を伝えることで、関係者全員が情報を共有できます。

電話応対でのコミュニケーションスキル向上

電話応対のスキルを向上させるためには、継続的な練習と自己反省が必要です。例えば、電話応対後に自分の対応を振り返り、改善点を見つけることが有効です。また、同僚や上司からのフィードバックを積極的に求めることも、スキル向上につながります。実際の電話応対を録音し、後で聞き返すことで、自分の話し方や対応の仕方を客観的に評価することも一つの方法です。

「クッション言葉」の効果的な使用

電話応対において「クッション言葉」の使用は、会話を円滑にし、相手に心地よい印象を与えるために重要です。例えば、要求を断る際に「申し訳ございませんが…」と前置きすることで、相手に対する敬意を示し、柔らかい印象を与えることができます。また、状況を確認する際に「少々お待ちいただけますか?」と尋ねることで、相手に対する配慮を示すことができます。

相手に落ち着いてもらうための言葉選び

電話応対では、相手が緊張している場合や怒っている場合に、落ち着いてもらうための言葉選びが重要です。例えば、「ご心配なさらずに、私たちがしっかりサポートいたします」といった安心感を与える言葉を選ぶことで、相手を安心させることができます。また、「ご意見をお聞かせいただき、ありがとうございます」と感謝の意を示すことで、相手の感情を和らげることができます。

練習と自己改善の重要性

電話応対スキルの向上には、継続的な練習と自己改善が不可欠です。実際の電話応対のシナリオを想定してロールプレイを行うことで、実践的な練習が可能です。また、自分の応対を録音し、後で聞き返すことで、話し方や言葉遣いの改善点を見つけることができます。定期的なフィードバックを受けることも、自己改善には効果的です。

電話応対の練習方法

電話応対スキルを向上させるためには、実践的な練習が欠かせません。具体的な練習方法としては、様々なシナリオを想定したロールプレイが有効です。例えば、クレーム対応や新規顧客の問い合わせなど、実際に遭遇しうる状況を模擬して練習することで、さまざまな対応方法を身につけることができます。また、同僚や上司からのフィードバックを積極的に求めることで、自身の応対方法を客観的に評価し、改善点を見つけることができます。

自己改善への取り組み

電話応対スキルの自己改善には、日々の意識が重要です。例えば、電話応対後に自己評価を行い、どのような点が良かったか、どのような点を改善すべきかを振り返ることが有効です。また、他の人の電話応対を聞いて学ぶことも、新たな視点や技術を獲得する良い機会になります。定期的なセミナーや研修への参加も、新しい知識やスキルを身につけるために役立ちます。

まとめ:プロフェッショナルな電話応対を目指して

プロフェッショナルな電話応対を目指すためには、基本的なマナーの習得から始め、実践的なスキルの向上に努めることが重要です。この記事では、電話応対の基本から応用技術、自己改善の方法まで、幅広いトピックを取り上げました。日々の業務にこれらの知識と技術を活かし、顧客満足度の向上と自身の成長を目指しましょう。

プロフィール:
名前 モモタ

新卒で証券会社に入社後、1日100件の飛び込みと200件の電話営業を続けトップ営業に。その経験を活かし、現在は営業とマーケティングの分野でのコンサルティングを行っている。

Application

お申し込み

無料キャンペーンのお申し込み、
資料請求・ご質問を
いつでも受け付けております。