テレアポ代行の株式会社ボンズコミュニケーション

テレアポ代行お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

スタッフ
インタビュー

Staff interview

どんなお悩みに対しても
まずご提案することから

株式会社ボンズコミュニケーション
インバウンド事業部 CMO

重久 徳

どんなお悩みに対しても
まずご提案することから

株式会社ボンズコミュニケーション
インバウンド事業部 CMO

重久 徳

プロジェクトを起こし、協力者を集め、情報収集をし、資金を集めて、イノベーションすることが私のビジョンです。
あとは遂行するだけです。昔からビジョンは具体的に描いておりましたので、日々ミッションを達成させることに集中しています!

プロジェクトは
“立てる”ことじゃない
“遂行”すること

ボンズコミュニケーションへ入社して4年目になります。入社した時はもともとBtoCのアウトバウンドの事業部に配属し、
プレイヤーとして毎日電話を掛けている日々からのスタートでございました。業務をしている中で、目標を超えるための仕組みがあるのではないかと思い、新しいプロジェクトの立案をしたのが始まりでした。

仕組みの構築、現場の育成、業務管理をしている過程で、BtoBのアウトバウンド事業部の立ち上げメンバーとしてプロジェクトに参加し、スタートアップメンバーとして事業部長に就任。就任後、思うような結果を残せず解散となり、インバウンドの営業担当へ人事異動。より多くのお客様に代行サービスを提供したいという思いから、お客様のニーズやお悩みに、深く興味を持つようになり半年後にCMOに就任。

マーケティングの分野で活躍を広げるべく、企業様との窓口の担当者として、直接皆様からお悩みをお聞かせ頂き、企業様、お客様に合ったプランをご提案させていただいております。自社での悩みが他の企業様でも同じお悩みだったりするので、お付き合い頂いている企業様のお悩み解消出来るように、日々プロジェクトを遂行させることに尽力しております。

夢<ビジョン<ミッション

海外のマーケットでビジネスを展開させること。決して大きな夢とも壮大な夢だとも思っておりません。文化の違いの中で1から学びたい、日本のマーケットでは出来ないことをやりたい、関わる人々との接点を増やしたい。それが私の夢です。

そのために、情熱を持てる魅力的なプランを立案し、自らプロジェクトを起こし、協力者を集め、情報収集をし、資金を集めて、イノベーションすることが私のビジョンです。あとは遂行するだけです。

昔からビジョンは具体的に描いておりましたので、日々ミッションを達成させることに集中しています!

重久 徳

ボンズコミュニケーション
とは

自分をどこまでも成長させてくれる場所です。責任も裁量も自分次第なので、自分の力不足さに気付かされる環境のため、自己啓発し続けなければいけないとつくづく思います。

様々な業種のクライアント様のお話もお伺いさせていただく機会が多く、経営者の方や経営幹部の方の視点の多さや、視野の広さに痛感させられます。日々学び続けることで、クライアント様やエンドユーザー様が、喜んでもらえるようなプレゼンやプロジェクトを立案し続けて、協力してくれるスタッフさんや業者様を巻き込みながら、遂行し続けることでワクワクしながら新しい経験を積んでいきます。

ボンズコミュニケーションの大義名分でもある、「魅力的なプランを創造し質を高めること」という言葉通り、クライアント様、パートナー企業様、ボンズに関る人々、スタッフ皆様が、魅力的だと思ってもらえるように、私も日々精進し続けます。そして一人一人が魅力的になることで恩返しをしていきたいと思います。

山本 篤史 代表取締役社長
山本 篤史 代表取締役社長
志が高く、クライアント様はもちろんクライアント様のお客様や、社内では現場のスタッフや業者様のことまで、人との繋がりを一番に考えており、社長業に専念出来ないと嘆きながらも、関る人たちを優先にするところや、100%自責の念でいる考え方などを尊敬しております。
紙谷 孝輔 取締役
紙谷 孝輔 取締役
入社時に面接をして頂いたときを思い浮かべることがあります。人間力のオーラをその場で感じさせられました。誰からも好かれるキャラクターでもありつつ、どんな仕事も嫌な顔ひとつ見せず取り組む姿勢など、素晴らしい人柄だと思います。
重久 徳