テレアポ代行の株式会社ボンズコミュニケーション

テレアポ代行お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

スタッフ
インタビュー

Staff interview

「雨垂れ石を穿(うが)つ」

株式会社ボンズコミュニケーション

荒 翔太

荒 翔太

「雨垂れ石を
穿(うが)つ」

株式会社ボンズコミュニケーション

荒 翔太

「もっとこうした方がいい」・「このやり方であれば、もっと喜んでいただける」と考えるようになり、少しずつではありますが、自分の夢を叶えるための知識や経験が身に付いていることを、感じさせてくれます。

七転八起

前職は、インフラ関係でBtoCの対面営業を4年半ほどやっておりました。
対面営業ならではの「トーク」や「お客様のニーズに応える力」を身に付けることが出来て、売上も好調だったため、自分でもそれなりに自信が持てるようになりました。
それから友人から声をかけていただいたご縁もあり、「今まで自分が身につけたものが、どこまで通用するのか」という興味と「もっと営業知識や営業力を身に着けたい・何かを成し遂げたい!」 という思いがあり、ボンズコミュニケーションに入社しました。

最初の業務は、アウトバウンドの事業部でBtoCの電話営業をプレイヤーとしてスタートしました。
日々の業務を行っていく中で、BtoBの新規事業立ち上げに参加。

その後、結果が思うように残せず解散となり、以後、テレマ業務やアウトバウンドの新規案件をトライ&エラーを経て、現在は、アウトバウンド事業部の新規事業立ち上げに参加させていただき、立ち上げメンバーと共に事業拡大に向けて、日々向上心を持って取り組んでおります。

知識・経験こそ力なり

自分自身の今までの経験や知識を生かして、企業様・クライアント様に対して営業のノウハウや戦略のコンサルタントを行い、より有効で高効率な事業展開や目標達成をアシスト出来る立場になりたいと思っております。

その為には、様々な視点から営業を学び、どんな商材や条件でも100%以上の実績が出せるように営業知識・戦術を身に付けていくこと、また実際に人に教えてくという観点から、誰もがきちんと業務内容ややるべきことを理解出来るような研修“力“を身につけていきます。

荒 翔太

ボンズコミュニケーション
とは

自分の限界を感じさせない、より良い環境を創造する為に、全員が努力を惜しまない場所だと思っております。
自分自身が、今まで大きな組織の中で実際に働いてた中で、自ら考えて行動するような発想がなく、いわば「指示待ち人間」になっていたところもありました。ボンズコミュニケーションで働いてからは、自分の考えや思ったことを表に出しても、聞き入れていただける環境であると感じました。

ただ、その裁量や判断決断は、自分自身で持つ事がどれだけ重要であり、責任感が重いかも痛感させられました。
また、様々なクライアント様や経営者の方のお話をお伺いする機会もいただく中で、自然と「もっとこうした方がいい」・「このやり方であれば、もっと喜んでいただける」と考えるようになり、少しずつではありますが、自分の夢を叶えるための知識や経験が身に付いていることを、感じさせてくれます。

これからは、もっとクライアント様やのニーズに答えられるように、日々の業務効率向上やPDCAサイクルに尽力していきたいと思っております。ゆくゆく、社内で働く皆様が「笑顔」で楽しく仕事が出来るように、ボンズコミュニケーションという会社の経営の中核を担っていきたいと考えております。

山本 篤史 代表取締役社長
山本 篤史 代表取締役社長
クライアント様やお客様、一緒に働く方々の幸福を誰よりも1番に追求して考えており、そのために妥協せず努力を惜しまない姿勢に、心を打たれることがよくあります。経営論や考え方、仕事の進め方などを時間を割いても、自分たちに教えてくれる姿が、とても印象に残っております。
自分がなりたい、尊敬するクレバーな経営者であると思っております。
紙谷 孝輔 取締役
紙谷 孝輔 取締役
スタッフに対して、「嫌だと思うことはやらせない」、「自分だけ楽をしない」と常に自己犠牲の精神を持っており、非常に人間力が豊かな方だと感じます。ボンズコミュニケーションの必要不可欠な方だと思っております。
荒 翔太