テレアポ代行の株式会社ボンズコミュニケーション

テレアポ代行お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

2018.09.14 Fri

ボンズメディア:ブラインドタッチを覚えて効率を上げよう

以前作業効率を上げるためにショートカットキーの紹介をしました。

それと一緒に覚えて欲しいがブラインドタッチです。

ブラインドタッチができるかどうかで入力速度が大きく変わってきます。

キーボード見ながら入力する場合

入力する文字を見る→キーボードから打つ文字を探す→入力された文字を確認する

と3工程になりますが、ブラインドタッチの場合

入力する文字を見る→入力された文字を確認する

の2工程になり、さらに時間のかかるキーボードから文字を探す手間もカットできます。

何より見栄えが良いです(笑)

 

さて、そのブラインドタッチの覚え方ですが、

ホームポジションを覚える→一般的には母音(a/e/i/o/u)の場所を覚える→子音(k/s/t/n/h/m/y/r/w/g/z/d/b)を覚える→その他細かいところを覚える

というのが一般的だと思います。

ホームポジションというのは「F」キーと「J」キーの小さい出っ張りのあるキーに人差し指を乗せるように置くことです。そこを基準に指を動かすと打ちやすいです。

そこからよく使う母音を打てるようにして、子音を覚えるようにしていきます。

しかし、私がブラインドタッチ覚えたときはホームポジション覚えてから母音の位置を覚える前にワンステップ入れました。それは

「好きな単語」をブラインドタッチで覚えるようにするです。

例えば「明太子(mentaiko)」という単語だけを覚えたとします。そうすると

A/E/I/O/K/M/N/T

のキーは覚えたことになるのでこの組み合わせだと

「勤怠(kintai)」、「大会(taikai)」、「時計(tokei)」等といった単語もブラインドタッチで打てることになります。

コツとしては「どのキーがどこにある」と覚えるよりも、「(ホームポジションから)この指を動かすとこのキーが打てる」と感覚の方が覚えやすいと思います。

こうして打てる単語を増やしていって全部使えるようにしても良いですし、ここで出てこなかったキーを母音→子音と覚えていっても良いと思います。

大事なのは出来ていることが増えていることを実感することです。

こうしてキー配置を覚えたらタイピングのサイト等で練習していけば速度も上がっていきます。

 

ブラインドタッチやショートカットキーを覚えて効率をどんどん良くしていきましょう。

 

只今、2週間0円で
トライアルキャンペーン
実施中

最短即日導入可能

弊社の独自システムによる高い管理能力と、マルチ対応による高いコストパフォーマンスを、ぜひお客様に体験していただきたいです。業務効率化により売上UPに繋がるようなご提案をさせていただきます。お客様にあった最適なサービスを実現いたします。

詳しく見る